キャッシングを利用する際に収入証明が必要であるかどうかというのはその時の状況によっても異なります。必ず提出が求められるという訳では無いのですが条件次第では求められるのです。
それではその条件というのはどうなっているのかというと、原則としては50万円以下であれば不要であり、50万円を超えると提出する可能性が高くなると考えておくのが良いです。これは2010年から完全施行されている改正貸金業法による影響が大きく、総量規制で貸金業者が融資を行う際には50万円を超える場合の収入証明の提出が義務化されているからです。
ただし、注意しておいてほしいの事が二つあります。
一つは50万円以下であれば提出が絶対に必要ないという訳では無く、総量規制では他社と合わせて100万円を超える場合でも提出を義務付けているので、50万円以下の融資であったとしても他社で借りる場合は提出を求められる事があります。また、その他にも申告内容に疑問がある場合は業者の方で独自に提出を求める可能性があるというように定めている事もあります。
二つ目の注意としては50万円を超える場合も絶対に提出が必要になるという訳でもないという事です。先ほど説明した総量規制というのは全てのキャッシングに対して適用されるという訳では無く、貸金業者が行っているキャッシングに対して適用されるのです。どういう事なのかというと、キャッシングでも銀行の場合は貸金業者に該当しないので総量規制対象外となり、収入証明の提出の条件が異なるのです。
http://xn--lckdj1a6g0gne4c.com/